娘との対話

広告代理店でいそいそと働くの、ちょっと聞いてほしいこと沢山でてきて、娘みたいに思って聞いてほしいなんて思ってまして。

10.おぼつかない頭で

お酒の楽しさに溺れながら、
私は私の輝かしい未来を思った。

いつも笑っていつも話して
たくさんいい景色みようじゃないの。

美に、めちゃくちゃこだわろうじゃないの。

さよならしたい自分と、
あいたい自分は、
いまめちゃくちゃハッキリしている。



7.誘いを断り暇する夜

友達には色んなレベルがございまして、

会うために色々準備するのがうっきうきな相手と

頭のてっぺんがプレッシャーを感じる相手がいらっしゃいます。

そもそも会うことにならない人も、もちろん沢山沢山。

 

シンプルにこれが気が合うってことなんだけれど

そんな相手を増やしたいというのは可能なのでしょうか。

それは、自分の汎用性をもっと高めて

自分を薄めて薄めて、ということでしょうか。

 

だとしたらいらないなあと考える天井の白さに、

自分の発信力のなさを思った。

水がないと形にならない小麦粉みたいな私は、

それはそれで大好きなんだけれども、

そうじゃなくて、もっと形を作ろう。

人間にキャラなんていらないって思ってたけど、

やっぱりキャラは幸せだと思うんだ。

キャラになろう。AKB4000で目立てるくらいの、ね。

 

 

言葉で世界を変えてみせる2018年

自分の才能がおなかん中でぐんぐん膨らんで

パンクしてしまいそうだから、

今日も明日もたくさん書いて、

もう自分の才能で苦しくならないようにしよう。

そしたらね、きっとすんごい世界が

ちゃんと迎えに来てくれるから。

目の前にある幸せを疑うのは

きっと幸せへのまた再びの切符だから。

危うく不倫しかける年末

あああ、実家に帰る日がこんなに迫っているのに、

私、心がポロンと一部オフィスの床に落としちゃったまんまで、

気づかれちゃうかなというこのソワソワは、

まるで中学生のころの恋愛してた日みたいで。

 

そりゃあ後ろめたいわ。

なのに、幸せなんだわ。

 

あんなキス、もう誰も勝てないかもしれなくて、

それが一番不本意だ。

また、なんてないのかな。

 

素直すぎる人生の弊害。

不倫はただの弊害。

 

年越しと一緒に、

そばすするくらい当たり前に、

きちんとこの世から消すために食べちゃおう。

 

だから今夜は、

めちゃくちゃ思い出したい。

めちゃくちゃ感触思い出して、

馬鹿みたいに期待するのも、

悲しいのとおんなじくらいに幸せなんだな。

 

私だけ、年末休みがさみしいなんて、

やっぱり、ほんと、不本意

 

こんなんパパに言えんなあ。

帰るときは、しれしれっとしてなきゃなあん。

 

 

勝手に計画たてる美容師さま

髪ほんのちょーっと切って
トリートメントでとぅるとぅるにしよって
るんるんるんって5000円くらい握りしめて
新築のピカピカ美容院に行ったの。

出るとき5000円まだ使ってないの。

カードにしたの。
5000じゃ全然足りなかったの。
3倍くらい払って帰ってきたの。

ありゃあずるいなん。

あんな素敵な空間にいて、
浮かれちゃって
そりゃあもうだめよね、
自分がこの人にかかれば
キラッキラの美人になれる気したもん。

男の美容師さんだとそうなる私の、
単純さ浅はかさに笑けるけども、
来月どうします?とか
来年どうします?とか
刻んでとおーいプラン立ててきちゃあ
勝手に思い描いて、
もう半分常連気分だったわよ。

にしてもつやつや!
あぁホントに素敵になったのではないか。

にやけて歩く表参道は
イルミネーションとカップルで
すんごいことになってたけど、
おかげで落ち込むことなんかなく
ヒルズのクロエに入れちゃうくらいの
素敵な自意識を纏ったことよ。

ありがとう。


夢の中なのに給料出てるごめんごめん

仕事つまんないわけじゃないのに

気持ちのりきらないときすぐ眠くなる


うとうとしてんじゃないわよっ。

自分が嫌いな今夜。


努力とか意識ではどうにもならないような

でもその仮説は自分でぶち破りたいね。


まわってない。

まわってないよ。


ぐるんぐるんして

飛んでっちゃうくらいに

回したいのに。


終電間近は酒臭く

私は残業あがりの人なのに。

でも目の前の人のピザが1番におう。

ふふっ。



必死に暮らしをつくるヨル

早く寝なってんのね。

パパママがいたら絶対そう言ってるわ。


22時に会社を出て、

むりやりテンションあげあげのミスチル聴いて

さぁ近くのスーパーで豚バラを買ってわ、

おおこの味口にしたいってゴマだれ買って。


何やんそんな時間じゃないよんって

自分の1割くらいが至極真っ当なことを思い

フライパンでお料理している私。 


美味しい美味しいって

トマト味と塩バターで堪能しちゃって

でもまだ寝ないん、

はよはよって思ってんのに村上春樹出してきて

短編一個読もうって思ってたけど寝落ち。


そっからお皿と自分洗って、

はよはよ言いながら溜まってた連絡返して

もう寝ようって嵐の曲セットして

全然寝ないじゃんかこんなん書いてるし


暮らしをむりやり作る夜。

暮らしを作らなきゃ暮らしがない私の人生。